京つう

  アウトドア  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年04月26日

I氏の呪い?



実は今日(26日)釣行予定でした。
行き先は三重県引本浦
レンタルボート借りてエギングのはずが・・・

準備はOK!仮眠しようっと。

プルル、プルル・・・♪
ん、釣り仲間かな?
僕「もしもし?」
「あのうフィッシングオザキですが」
「はい?どうも」
「明日なんですけどね、どうやら風が強そうでキャンセルの
案内の電話をまわしてるんですよ」

「えっ、そんな強そうですか?」
「はい実は今日(25日)も強風で全てキャンセルしていただいた
んですよ。せっかく遠い所から来ていただいても出船できなかったら申し訳
ないし、湾内でもウネリが出てる状態です。」

(中略)
「わかりました。残念ですけど止めておきますわ。安全第一やし」
「はい、せっかくなんですけど、またよろしくお願いします」


風が強いのは分かってました。どうしても出船したいと港の前辺りに出て
糸を垂れる方も居るようですが、それもねぇ・・・。

特に26日は昼前から一層風が吹く予報。波高も上昇しそう。
早速代案を考えて日本海側も検索。しかしこちらは9時頃から波高6m!
あかん・・・天気は難しいです。


なんでこんなこといちいちブログに書いてるかっていうと、
一つは「フィッシングオザキ」さん。とても丁寧に電話して
くださいました。
お店としては少しでも出船できそうなら儲けになるから来て欲しいはず。
天気は悪化する場合もあるけど好天することもあります。
そこをグッとこらえて「お客さんの為に」丁寧に電話してくださったのは
とても好感がもてました。

皆さんも行ってあげてください
フィッシングオザキ


あとねぇ、今日は早く起きて準備して、夜飯食ったら寝るはずだったんですよ。
で、万全の体制で2時には京都出発!
のはずが、キャンセルになっても私は20時には寝てしまったのね~(笑)
で、さっき起きて、すること無いからブログしてるんよ。ハァ~

今回の釣行にはIさんも参加する予定でした。
この週末に合わせて新しいエギを購入するなどかなり気合が入っていたもよう。
それがお家の事情で行けなくなって「応援したいけど大物釣られたら何かムカツク~」
と聞いてました(笑)

阪神タイガースが全国制覇できないのは道頓堀に沈められた
「カーネルサンダースの呪い」って言われてたでしょ?
今回はIさんの呪いかと?

5月中に何度か行くので次回こそ大物狙って頑張ります!
ではでは!
  

Posted by surf at 02:16Comments(4)

2009年04月15日

アオリイカ釣行記 09/04/11

春は難しいですねぇ。でもとても勉強になりました!
今回は道楽もん始まって以来の大物アオリをお見せできますよ~!

いつものメンバー4人で三重県引本浦へ向かい、エヌテックマリンさん
でレンタルボートを借りました。

現地5時頃着。快晴です。

受付を済まし乗船っ。
操船は私がやったのですが、久しぶりでかなりギコチない。
ゆっくりポイントに向かう。

受付時に良いと聞いたポイント。
湾の一番外側にあたる小さな入り江でアンカリング。

この日までの一週間は毎日快晴が続いてました。
グングン水温も気温も上がり、安定してるのでアオリの第一陣が
入る条件は揃ってます。

さぁキャスト~っ!て、あれ?TJさんもう釣ってる!

どど~ん!
なんと二投目で2kg近いアオリが釣れました!
(「2kg近い」というのは釣った直後は2100gあったのに港で量ったら
1700gぐらになってた。水がきちんと抜けてなかった??)

もう皆大興奮!!
「なに~っ!」
「何かむかつく~!」(笑)
「マジですかぁ~!?」

TJさん「最初分からんかったけど、浮上してきたらアオリやってん」
ちょっとそんな簡単に釣らんといてください(笑)

2ハイ目を狙って全員キャスト!
しかしボートって難しいです。アンカー打っても、ウネリと風で
クルクル回ります。

良いと聞いていたのは水深12~15m。
特にこのあたりは岩礁帯でブレイクがかなり急。
船をブレイク上に停めたつもりですが、ほんの数mズレただけで
10mから20m間を行ったり来たり。

僕はこの日のために買ったディープモデルを色々試す。
エギマルディープとスーパーディープ、墨族ディープ、アオリーQ。
カラーも変えるが反応無し。



6~7箇所移動しますが反応無し。
「この時期なら藻場につくはず。産卵だから・・・」
「でも岩礁帯やしシャローは藻が無いなぁ・・・」
「ならディープの見えない藻を探すしかないのか?」
「いや意外とシャロー?でもベイトが居ない・・・」
色々考える。



朝一釣れたポイントに戻る。
そこでまた数投目、TJさんが「来たっ!」
今度も良型!「ええ~っ!?」皆から悲鳴が出る(笑)

どうだぁ~1.5kg!!

出船前にエヌテックさんで聞いた「マーブル系のエギが良い」
という言葉通り2ハイともマーブルで釣れてます。
「そうかぁ・・・じゃぁ」と全員マーブルを投げる(笑)
しかし反応無し(ToT)

ここでIさんが「なんですかぁ、この魚?」

餌釣りで掛かったフグのような、色はグレのような魚。
皆ボーズは嫌なので餌釣り仕掛けも持ってきてます(^^;)



小移動。岬近くの二番目の入り江でアンカリング。
僕は「こりゃいかんなぁ・・・もっと丁寧に探らんとあかんのかな」
「そやけど船は難しいなぁ・・・」
ツンッ、クイクイ「オッ!」フルパワーフッキング!
どうだぁ~!!あれっ・・・。

なんでこんなん春に釣れんねん!
秋の数釣りサイズですわ(ToT)

一応釣れたし追跡アオリも出現。がぜん船上が沸き立つ。
そこでまた僕に!
「来ましたよ!よっしゃ今度こそ」
ん?ちょっと待てよオイ・・・

なんでや、オチはいらんねん(笑)

おっ、Iさんが掛けてる。
「来てる?藻?ん?」
上がって来たのはコイツでした

う~んタコ(^^)

またTJさん!「来たっ!」

うお~、今度は900g!

僕はチビ。TJさんはキロ級。で、聞いてみた。
僕「底ですか?」
TJ「そうですね、十分に沈めてますわ」
横目で見てましたがかなりのスローテンポ。

T君は沈黙。慣れないボートに困惑してます。
「なんだぁ?」

一生懸命のT君のエギにミニガシラが遊びに来てくれました(^^)



反応が無くなったので移動。
2~3箇所回るが反応無し。

外洋はかなり荒れてます。
港近くでもキャストしましたが・・・諦めましょう。帰港する。

港に帰ってくると「どうでした?」他船で出ていた人が
声を掛けてくれます。
僕「結構イイの釣れましたよ。2kg交じりですわ」
「おお~っ!」
ん?何か沸いてます。

どうやら他船は全滅だったようで唯一結果を出した我々は注目の的(*^^*)
釣ったTJさんの周りには十数人のギャラリーが。

「でかぁ、すごいなぁ」



総評して・・・
この日は一週間前から晴天が続いてました。
気温水温とも上昇して安定。
4月の大潮にもあたり、釣れたのは湾口の最初の入り江。
アオリの第一陣が釣れる条件は揃っています。
さらにTJさんのアクション「十分に底を取る・・・」
横目で見てましたが、かなりのスローテンポ。
エギはもう底についてるはず。でもラインを出し、
不必要なアクションを避け、二回シャクリ。
そしてまた十分に沈める。
経験の多い方なら分かると思いますが、
これは「底を意識したスローテンポとロングステイ」
春アオリを狙うセオリーです。

レンタルボートは10艇出てました。
それぞれ3~4人が乗り込み、全員ではないでしょうが
かなりの人がアオリを狙っていました。
その中で我々だけ狙った魚を釣れたのは値打ちがあると思います。

シーズナルパターン通りのアクションが出来た人にだけ
良型アオリが応えてくれた一日でした。
いやぁ楽しかった!

★本日の釣果っ★


■データ
三重県引本浦 レンタルボート 6:00~16:00

天候・快晴

ヒットエギ
アオリーQ:マーブルサクラダイ 3,5号
墨族:オレンジマーブル 3,5号、  

2009年04月03日

メバル釣行記 09/03/19

すんません、私事バタバタしてまして
今頃更新しております(^^;)

夜釣りです。この日はとても暖かかった日。
昼間に20度を越す気温になりました。

参加メンバーは、僕と、このブログでも
おなじみになったTJさん、Iさん、初参加のFさんの4人

行き先は日本海
ワームでメバルを狙います。

先ず宇久漁港で開始!
あったかいですわ~
冬用防寒着は暑くて汗が出そう。

しかし、定番デスナ・・・沈黙(-o-;)
何度かワームを変え、漁港の隅々まで探索。
そこでIさんが1匹!ガシラでした。


しかし後が続かず、僕はもうワームを外して必釣リグの
青イソメを付けてます。

ベイトになるはずの小魚が悠々と泳いでいます。
それもかなりシャローで。
たまにバシャッと捕食する音も聞こえますが反応なし。
同業者の釣り人も入れ替わり立ち代りです。

何か水中でチラッチラッと光ります。
う~ん、これ・・・icon12夜光虫ですわ。

皆シビレをきらし、一時間ほどで移動!
近所の阿納漁港に来ました。

ここも同様に沈黙・・・(-。-#)
捕食音はあるので「何か居る」という期待はしますが
我々のワームには反応しません。

「最近イイ思いしてないなぁ・・・」
「そやけど、釣り来たん久しぶりやなぁ」
おっ、ツンツンっと、手前で来た!
ガッシーです。


反対側の堤防からFさんの電話。
なにっ!?ガシラ?メバル?三連発で釣れたそう!
急げ~っ!全員そこへ向かう。

しかし・・・反応なし(ToT)
Fさん「いやぁ、連発で釣れたから、ここイイと思ったんですけど・・・」
と申し訳なさそう。
ここでIさんがガッシー一発!巨大ガシラ、本日の大物賞だ。

海面を照らすとかなり海藻が伸びてます。
沖側の堤防キワもよく見ると藻だらけ。
投げる隙間がありません。
さらに赤潮も見える。

考えてしまいました。
「少し沈めると藻が絡む。ガシラは底物。でも釣れる?」
「こりゃどこも藻だらけダナ。それも密度が濃い。」
「さらに赤潮なんて・・・」
「メバルの溜まる場所がナイ」

移動っ!横の犬熊漁港に来ました。
が15分もすると雨。

こりゃあかん、もう帰りましょう。
つっ、辛いっ、貧果で終わりました。

しかし、かなり反省。
先ずポイント選びは僕がしたのですが、
過去の実績だけで全くというほど今の漁港の状態を
把握してなかった。
Webの釣果リサーチもしていません。
釣りに行ってないから今の漁港がどんな様子かも分からない。
こりゃダメですわ~(ToT)

あと夜光虫が出ると本当にダメですね。
夜光虫=プランクトン=赤潮なんですが、
見たら諦めて帰ったほうがイイです。
ドシャローにベイトが居たのは赤潮を避けて
逃げ場を探していたのでしょう。

「ダメな釣りも、爆釣も日々勉強の材料だっ!」
と自分に言い聞かせて帰りました(^^;)

次回は4月中旬にアオリ釣行の予定!


  

Posted by surf at 00:40Comments(0)